石橋雅史の万歩計

<   2012年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

時間

多摩川がすぐ近くを流れているせいか、夕暮れになると川面を渡った風が少しは涼風を感じさせるような気もしますが、まだまだ昼間の暑さは尋常じゃありませんね。
今朝、新聞を取りに行こうとドアを開けたら、玄関先のポーチにアブラゼミが一匹這っているので、そっと指で触ったのですがほとんど反応を示さない。最近は二階のベランダにも時々転がっており、ツクツクボウシの鳴き声も聞かれる今日この頃ですから、そろそろまた一夏が終わるのかなあなんて変な感慨もありますが─。
しかしひとつのサイクルが常にぐるぐる回っていて、時間というのは妙というか面白いものですね。その昔、人生50年といわれた時代から、先進医療の発達などで、今や男女共に人生80年です。勿論、これは平均年齢ですから、これよりも長く生きる人もいれば、短い人もいるわけです。ともあれ蝉の寿命の話から、生きものの持ち時間の話になってしまいましたが、虫の中で羽化して持ち時間が一番短いのはカゲロウだそうですね。数時間ほどで死んでしまう種がほとんどだそです。先ほど書いたアブラゼミなどは虫取り網で追いかけまわした、子供のころの郷愁がありますが、このアブラゼミは枯れ枝に約2ミリほどのミルク色をした卵を産み付けるんだそうです。この卵は翌年の6月中旬ごろになると白い幼虫が生まれ、すぐに地面に落ちて土の隙間から地中に潜りやわらかい木の根にたどり着くと樹液を吸って成長し、6年ほど暗黒の世界で暮らし、その間に4回脱皮してその年の夏を感知して地上に這いだし木などに登り羽化するんだそうですね。成虫の生きる期間はほぼ一週間ぐらいだそうです。そして彼、彼女たちは子孫を残すための生殖行為を勤め上げるとこの世にお別れしていくわけです。宇宙単位でいえば一瞬の生です。これこそ「永遠に勝る一瞬」とでもいうのかな─。
現世の三欲。金銭欲、色欲、名誉欲、私のような煩悩だらけの俗人はシャッポ脱いで敬服すべきです。なんたって煩悩は108以上ですからね。情けない。と言ったわけで今日は書いてるうちに妙なところにたどり着いちゃいました。また、何か書きましょう。



      処暑すぎて蝉声かしまし残暑かな

                        雅史


     うちの奥方
           題詠「布」


       夏を待ち若き日染めしのれん下げ風に揺るるを歳経て見入る

                                        曙美


       シェリングの弦を愛した彼しのび絹織るような音色に聴き入る

                                        曙美
[PR]
by masashi-ishibashi | 2012-08-27 18:01

空手の型演武

昨日、前にご報告いたしました全日本空手道剛柔会の全国大会が国立代々木競技場第2体育館で開催されまして、型をご披露。たいした手合せというか練習もしなかったのですが、そこはそれ昔取った杵柄とでも言いますか、それぞれに枯れた味わいを出してまずは上出来。先だって道場に集まって打ち合わせをしたときはこの老人会果たしてどうなることかと老婆心ながらら危惧いたしましたが、皆さんの年季の積み重ねに脱帽。
それに、50年以上も前、一緒に稽古をした朋友まで訪ねてきてくれて懐かしい思いをし大変いい一日でした。
まあそれにしても冷涼のかけらすらない物凄い残暑ですね。




        百日紅ゆく夏惜しみ咲きこぼれ


                            雅史


      うちの奥方 
              題詠「布」


       刻々と紗をかけるごと陽が落ちてなすび色した日暮れとなりぬ

                                          曙美

       縮緬の布貼ったよう顔くずし老婆の笑顔うるわし人生

                                          曙美 


      
[PR]
by masashi-ishibashi | 2012-08-19 16:12

年寄りの冷や水

昨日(日曜日)、久しぶりに全日本空手道剛柔会の本部道場へ行ってきました。稽古着を担いでえっさえっさとこの暑い最中。なんとも後期高齢者の集まり。おい水だやれ梅干し飴だと、うるさいったらありゃしない。まあ熱中症にかかったんじゃお粗末なはなしですからねぇ。なんで老人ホームのように同輩たちが集まったかといいますと、8月18日(土曜日)、8月19日(日曜日)に国立代々木競技場 第2体育館で行われる全日本空手道剛柔会全国大会の初日、つまり8月18日の団体型演武の時に、後期高齢者なんて言わせるものか、先達の心意気を見せてやろうじゃないかということで、同輩で三戦(サンチン)の型を演武することになったという次第。さてさて鬨の声あげたのはいいが、足がもつれたり、よれたりして年寄りの冷や水にならなきゃいいんですがねぇ。それはそうと明日は立秋ですね。暦の上ではもう秋です。しかし暑さはこれからもまだまだ続きます。みなさんも熱中症はもちろんですが、夏負けしないように。



        秋聞けど逃げ水去らぬ猛暑かな


                           雅史

      うちの奥方

           題詠 「音」


     墓地に降る雨音石に吸い込まる母の齢(よわい)にわれは迫りて

                                          曙美

     さびしさが無音のままにうずくまる午睡のあとの陽の傾きに

                                          曙美


        
[PR]
by masashi-ishibashi | 2012-08-06 16:40

猛暑日

今日は土曜日。恒例の空手稽古日です。8月は毎年、みんなの体調を考えて冷房の効く部屋を借りて稽古をすることにしてるんですが、足を一歩踏み入れて吃驚。まるでサウナに飛び込んだみたい。いっぺんに汗が吹き出してこれはいったい何だってなもんです。先着の人が窓を全部明け放し空気を入れ替えてくれているんですが、部屋が広いうえにこの巨大な体育館という建造物、一晩中冷房を切ってあるので完全に暖まり切ってしまって、ちょっとやそっとのことじゃ快適な環境にはならないというわけです。これも今日この頃の節電問題を考えれば、あまりあまったれたことは言っていられないか。辛抱。辛抱。ぼやいているのは大人ばかり、特に筆頭は意気地のない私!元気なのは次代を担う子供たち。きゃっきゃ、きゃっきゃとモップがけに大はしゃぎ。私は明日も本部道場で師範会の稽古があるんです。もうそろそろ後がないけど、まだまだ子共達や若者には負けないぞって言いながら本当のところ時々足がヨレテいます。頑張らなくっちゃ!
ちなみに、稽古が終わってみんなが帰るころになってやっと冷房が効いてきました。

              
        猛暑日や打ち水恋し通り雨


                        雅史
[PR]
by masashi-ishibashi | 2012-08-04 17:59



俳優石橋雅史ぶらぶら日記
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧