石橋雅史の万歩計

2017年 10月 03日 ( 1 )

入院

 いやあ、先日、久しぶりに入院しましたよ。三十代の頃に盲腸炎で一度、四十代の頃に前庭神経炎で。とにかく入院というのはいやですね。今度は内臓の検査です。肝臓、胆のう、脾臓、膵臓の超音波検査に食道、胃、大腸の内視鏡検査です。楽なものはひとつもありません。事の始まりは主治医の一言。私、寄る年波で心房細動を患っているものですから、三か月に一度、薬の血中濃度を調べているんです。そこで出てきたのが今度の件、主治医いわく、どうも赤血球の血中濃度下がりすぎている、一度、大きい病院で調べた方がいい。ということで、とある大学病院で検査のための入院をすることになったのですが、ここにも問題があったんですね。心房細動で血栓が出来ないように血液サラサラになる薬を飲んでいたんです。これは検査の際に内視鏡などで臓器に傷がつくと血液が止まらないという大変なアクシデントが待ち構えている。そこでこの薬の効力が切れるまでの四日間、点滴に繋がれてベットに横たえら、あのまずい病院食を食べさせられ検査に臨むという哀れな体たらく。お陰様で足腰がすっかり弱っちゃいましたよ。歳をとるとすぐに衰えるものです。まったく情けない。検査結果はがんや変なものも何もなく、幸か不幸かまたしばらくこの浮世に生きることになりましたが、兄弟や友人たちも次々と彼岸の彼方に去っていく中、もうちょっとこの爺とお付き合い下さい。

[PR]
by masashi-ishibashi | 2017-10-03 15:00



俳優石橋雅史ぶらぶら日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧