石橋雅史の万歩計

2012年 02月 18日 ( 1 )

輪廻

昨日も寒い一日で昼間、風花のような小雪が舞っていたと思ったら夜に入って雪に変わった。数年ぶりの強い寒気だそうで、日本海側、東北、北海道などは大変な豪雪となり、人的被害、物的損害が多数出ているようで、東日本大震災に遭われた地方も何かと尋常ではないだろう。
年を取ると、曇り空、寒さはなんとなく心さびしく気持ちを鬱にさせる。若いころは、それはそれなりの楽しみや発展的な希望を持ち謳歌したものだが。
ここのところ去年の暮れから近しい友人が間をおかず立て続けに彼岸のひととなり、一昨日また一人末期がんで再入院した。八十歳にもなろうとしているのだからそんなものかなあとも思うけど、やはり受け止める気持ちの何かが違う。さてそろそろ人生の清算をしなければいけないのかなあと思いながら、なんとなく過去を振り返ってみる。俺の生き様はどうだったんだろうって。何をしてきたんだろうって。どうせ人間なんて宇宙の広大さから見ればちっちゃなもので、それがああでもないこうでもないと呻吟しているだけのことです。どんな人でも五十歩百歩というところかな。そんな娑婆でも自分の目指したことを、たとえ不完全だとしてもやり遂げてきたんだから少しは褒めてやってもいいのかなあと。翻ってみればそのために身の周りの人間に迷惑をかけてもきたんだから帳消しかと思っても見たり。エゴイステック。いずれにしても複雑な気持ちです。私が生きてきた証として保存してきたライブラリーも、私がこの世を去ればただただ厄介なごみとして、生き残った身内はその処分に辟易するでしょう。もがきながら生きてきたひとつの生命体は無に戻るのです。
今日は土曜日、私が楽しみの一つにしている定例の空手の稽古日。道場で老いも若きも一生懸命、この冷蔵庫のような道場で生き生きとして頑張っています。みんな前向きの気迫だけがみなぎっています。そうだもう少しは前向きで頑張らなくちゃ。


    道場の冷気斬り裂き子らはしゃぎ

                   雅史
[PR]
by masashi-ishibashi | 2012-02-18 19:39



俳優石橋雅史ぶらぶら日記
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧