石橋雅史の万歩計

2011年 12月 22日 ( 1 )

冬至

寒波襲来。寒いですね。
今日は冬至、一年で一番陽射しが短い日です。昔の人はよく言いました、今日からまた一日一日、米一粒づつの長さ陽射しが伸びるんだと。またまた朝日新聞に掲載されている「天声人語」の受け売りで申し訳ないが、暦の上では今日が変わり目になるんですよね。昔から、この日は柚子湯につかり南瓜や小豆粥を食べて息災を願うんだとか。幼かった日の頃を思い出します。冬至を過ぎると師走も「数え日」というんだそうですが、残り少ない今年、色々な思いが頭の中を錯綜します。大震災、原発事故、何人もの友人の逝去。それもこれもみんな過去の時間へ過ぎ去って行くんですね。私も年明け早々、七十九歳になり、過ぎ去った時間の方がはるかに多いわけですが、残りわずかな時間をどう生きたもんですかね。



   冬至過ぎ米一粒の陽射し延び

                雅史
[PR]
by masashi-ishibashi | 2011-12-22 18:37



俳優石橋雅史ぶらぶら日記
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧