石橋雅史の万歩計

負けるわけにゃいきまっせんばい! 80

 <特撮番組への思い>

 さて、東映制作の特撮番組。戦隊ものです。〈ジャッカー電撃隊〉のアイアンクロー。〈バトルフィーバーJ〉のヘッダー指揮官。〈科学戦隊ダイナマン〉のカー将軍。〈高速戦隊ターボレンジャー〉の暴魔博士レーダ。等々。
 インタビューのたびに何かと格好つけて、「いやあ、悪役の美学を創り上げたい」とか「生活感のある、社会的には肯定できないが、心情的にはすごく共鳴できるという、そういった厚みのある敵役を是非やりたい。でもひとつだけやりたくないものがあります。それは特撮番組の悪役です。特撮番組に出る時は、正義の味方として出演したいですね。そうしないとこれはもう、おやじとして大変なイメージダウンだし、息子まで学校で憎まれたら困りますから」なんて偉そうな冗談を言っていたのが、出演依頼が来たとたんに、一も二も無く「はい、はいッ」と引き受けちゃって、もう節操も何もあったものじゃありません。なんせ一年間約五十本のレギュラーですからねぇ。生活がかかっています。こうなるともう性格俳優じゃなくて〈生活俳優〉になり下がってるんですから、意志が弱いと言うか、自分を正当化するなんてチョロイものです。そうは思いませんか?
 私なんか、そうだッ! これは現代のメルヘンと考えればいいんだ。子供たちに夢を与えればいい、あまりグロテスクだけになってはいけない。悪には悪の、こうしなければ生きていけないという、絶対的な生きる論理を持たせるべきだ。誰だって必死になって生きているのだから。戦場で、殺さなければ殺されるという極限の論理に似ていますが(あまりいい例えではありませんけど)、5レンジャーに対しての、反対行動線としてぶっつかり合うことによって、ドラマが盛り上がり、子供たちが歓喜してくれる。これなら創り手としての、役者の良心に背かないだろう。勝手に小難しい論理を組み立て正当化して参加した次第。そうでなければ、一年間自分が苦しい思いをするというか、不完全燃焼で生きなければなりませんからね。それでもドラマとしてちゃんと成立するんです。発想の転換です。不良性感度の強い世の中だからといってしまえばそれまでですが。どんな子供も無意識のうちに、ちゃんとした何らかの論理を持って観ているんですよ。俳優さんの中には、徹底してグロテスクであり、いやらしく憎らしい奴に演じた方がいいという方もいますが、それはそれで、その俳優さんの役創りに対する考え方ですから、あえて否定はしませんけど。
 驚いたことは、5レンジャーだけにではなく、私にまで沢山のファンレターが来たことです。中学生から大学生の男女を問わず、果てはその子達のお母さん方からまで。バレンタインデーには、チョコレートを贈ってくれた某女子大生。中には奥さんはいるんですか? とか、年令はいくつですか? とか、いつもベッドで写真を抱いて寝ていますなんてずばりとくる、怖い女性ファンまで。そのくせ助平根性をくすぐられて、柄にも無く変にドギマギしたりして、まったくいい気なものです。
 しかし、お客さんの心理って複雑で掴みにくいものですね。いやいや人間という生き物自体が、百人百様の個性を持っていて複雑に出来ているんです。境遇、環境などそれぞれの育ち、生き様によって、皆さんの、ものの見方、感じ方の物差しが一人ひとり違うわけですから。だからこそ、人間関係というか世の中はややこしいし、また面白くもあるわけですが、ドラマの企画にしても、役創りにしても、それがいかに難しいかということです。創造の仕方にはいくつかの解釈がありますが、この役創りはひとつの正解だったんでしょう。皆さんの中にも、5レンジャー世代の方がいらっしゃるんじゃありませんか?


 <マス メディア>

 かと思えば、NHKの大河ドラマ(1987、独眼竜政宗・稲葉是常坊役)。(1995、八代将軍吉宗・稲生次郎左衛門役)。(2000、葵・徳川三代・広橋兼勝役)。などに出演して、もっともらしい顔でそっくり返っていたり。もう何でも屋さんです。
 しかし、テレビという代物は、善きにつけ悪しきにつけ、その影響力はまことに強大なものでして、見る人を何時もことごとく、強烈に引きずり回し引き据えております。私たちがともすると無節操に出演している番組、またその時の言動が――。
 マス メディアは現代社会のモンスターであります。この奔流は凄まじく、その前に立ちはだかって己を見失わないことに、どれほどエネルギーの要ることか――。
[PR]
by masashi-ishibashi | 2008-08-24 19:05
<< 負けるわけにゃいきまっせんばい... 負けるわけにゃいきまっせんばい... >>



俳優石橋雅史ぶらぶら日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧