石橋雅史の万歩計

負けるわけにゃいきまっせんばい! 63

だから私も言ってやったんです。「この五万円は出演料ではなく、名刺代わり、いや車代としてやりましょう。その代わり、もし太田さんが、私の出来映えをこれは流石だとお認めになられたら、この次、何かの作品に出演させていただく時は、私の言い値のギャラをいただきますよ」って大見得を切って切り返しましたら、これまた私の言に一言物申すでもなく、平然と「ああ、いいですよ」って。三十九歳にもなった無名の俳優は、よほど甘く嘗められていたんです。どうせ二度と、製作者側から出演を依頼するほどの俳優じゃないと思われていたんでしょうね。でなければそんな無責任な、人を食ったような返事は出来ませんよ。
 ともあれ出演することが決まって、九月早々に撮影開始。千葉真一氏とは、テレビ映画の〈キーハンター〉で何度か一緒に仕事をしていますが、監督の鷹森立一さんとは初対面。スクリーンの画面いっぱいクローズアップになった果たし状。その文面に、私の声がかぶさって始まるこの映画のトップシーン。その凄絶を極めた人間の闘争。千葉真一氏演じるところの<牙>と私が演じる<鮫谷一貫>の決闘は、風雨逆巻き立ち木は倒れ、稲妻が走り雷鳴とどろく中で、壮絶な闘争のドラマに創り上げられていったのです。ケロイド状に片目を潰したメーキャップは、バランス感覚と距離感を狂わせ、びしょ濡れになった身体は芯まで冷え切って、この長時間にわたるアクションシーンの撮影は、大変なものになりました。大見得を切っただけのことはあって、日尾孝司の殺陣は、見事の一言。日体大出身で、空手もやったことがあり、運動神経のいい千葉ちゃんこと千葉真一氏の動きは抜群。消火用ホースでの猛烈な散水による人工雨、大型ファンによる人工ハリケーン、アークによる人工稲妻等の特殊効果とも相俟って、素晴らしいイントロシーンが出来上がったのです。
 この映画で、<牙>の妹役を演じたのが、悦ちゃんこと志穂美悦子の、女優としてのデビュー作品ではなかったかなあ。この時は私に目を潰される役でしたが、次の作品、つまり「激突・殺人拳!」では私の妹役をやり、その後、東映アクション映画の主演女優へと上り詰めていくのですが。この時、たしか芳紀まさに十八歳のピチピチで可愛い盛りです。
[PR]
by masashi-ishibashi | 2008-07-31 13:49
<< 負けるわけにゃいきまっせんばい... 負けるわけにゃいきまっせんばい... >>



俳優石橋雅史ぶらぶら日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧