石橋雅史の万歩計

負けるわけにゃいきまっせんばい! 5

 また、少し違った創り方があります。これは複雑な精神構造を持たせた時ですが、翳のある悪役(敵役)を創造するときは、その人物に、肉体的にでも社会的にでもいいですから、何か負い目というかハンディキャップをもたせるのです。
 人間生まれたときはみんな無垢で同じなのに、物心がついたとたんに、肉体的な条件とか社会的な境遇とかで差別が始まり、それを意識することになります。その子たちは何とか懸命に生きようとするのですが、いつも体制側からはじき出されてしまい、ほとほと疲れきったその人間はだんだん社会不信に陥ってしまう。ここにニヒリズムが生まれるのです。そしてアウトローへと走ってしまう。だからこの人間の生き様というか行為自体、心情的には共鳴できますが社会倫理からすれば肯定するわけにはいかない。終幕は虫けらのように抹殺されるという図式ができあがります。
 これだと現代のように不良性感度の強い世の中では、スポットライトの当て方によっては主役になってしまいますが、「悪役の美学」とでも言いますか、いずれにしても悪役の創り方は、この二つの基本的な考え方の上に立って、魅力的な役創りのバリエーションは無限に広がるのです。こうなってくると普段観客の皆さんに、憎い奴とか嫌な奴とか言われている悪役創りも楽しくなってくるというものです。形からのみ入っていくワンパターンの役創りは、すぐに飽きられてしまいますが、内面を抉った人間のドラマは、本当に無限のバリエーションがあるわけで、それこそ役者万歳というところでしょう。
 

 <悪役の死に様>

 悪役の生き様があれば死に様もあるわけですが、現世には三欲というのがあって、金欲、色欲、物欲、などと言い、とにかく人間の欲望には限りがありません。本能といわれる食欲、性欲からもっと欲張って名誉欲、権力欲、征服欲などなど、これら欲望の塊が個人レベルでも、社会レベルでも、世界レベルでも、醜い争いを人類始まって以来永永と繰り返しているわけで、「事実は小説よりも奇なり」といいますが、現実の世界では、本当にフィクションの世界よりもショッキングでドラマチックな出来事が、溢れかえっているのであります。
 お芝居は現実のシチュエーションを凝縮したものですが、死に方も少しばかりデフォルメしてみたり、カリカチュアライズしてみたいなあと思うのが俳優でしょう。もちろん、どの作品でもというわけではありません。作品によりけりです。
 「死の美学」じゃありませんが、人間、死に臨んで悟りきったように、平静に格好よく死ねる人なんて、そうざらにいるとは思えません。欲望が強ければ強いほど、煩悩が多ければ多いほど、生への執着は強いのではないでしょうか。「俺は今日までの人生で、やりたいことはまだ何もやっていない、万分の一もやっていない、なんて不幸なんだろう。このままじゃ死んでも死に切れない、死ぬのはいやだ! 死ぬのはいやだ!」って獣のように泣き叫びのた打ち回ったりして─。
 私なんかもさぞかしそんな醜態を晒すんじゃないかと、今からその恐怖に恐れ慄いておりますが、人間っぽいっていえば人間っぽいし、みっともないって言えばみっともない。人間の弱さですかね。何も分からないうちにころっと、楽にこの煩わしい現世からおさらばできたらと思いますが。いやいやそんな馬鹿なことを言っちゃいけない! 人間みんな、いつもその煩悩と闘って生きているんでして、それに打ち勝てるか打ち負かされるかで随分と様相が変わってきます。
 現代のように夥しい情報が溢れかえっている社会では、その過剰な表現に惑わされて完全に混乱し、ともすると自分を見失ってしまいそうです。いや見失いますよ。ごく普通の人間である限り、欲望には果てしがありません。それこそ欲望という名の電車に乗ってどこまでもどこまでもです。
 ところで悪役の死に様ですが、その限りない欲望が犯罪を犯すとすれば、その人物が起こした行動の起爆剤となる、内面的な要因(欲望)を、その人物の終焉(死)に際して、画面の中でそれを形にして表現するのです。
 単純稚拙な定番で申し訳ありませんが、たとえばお金お金で生きてきた守銭奴みたいな人間であれば、今にも息絶えんとして、瞳孔は開き目は虚ろになりながらも、お金の在り処まで必死になって這いずっていき、震える手で懸命にお金を掴もうとしながら、寸前で果たせずに息絶えるとか、またはお金を握りしめて息絶えるなどですね。現世でさんざん悪いことをして、どれほど巨額のお金を手に入れたとしても、棺桶の中まで持っていくのはいかがなものかと思いますが、最近のご時世は戒名の格も金次第。どんなに悪いことをしている人間でも、多額のお金さえ積めば、○○院××居士なんて位の高い法号、つまり戒名がつけてもらえるんですからねぇ。しかしあのお金はいったい何処へ行っちゃうのかな? とにかく仏事にはいろいろと値段表があるので驚きます。私のような貧乏人は迂闊に死んじまったら、戒名どころか葬式も出してもらえません。いやいや私は俗名で結構ですし、密葬で十分ですから。灰はそこらの川かなんかに撒いてもらえれば。ま、私事はともかくとして、地獄の沙汰も金次第といいますから、悪銭を溜め込んだ悪太郎は、地獄へ行って鬼たちに袖の下でも使いますか。
[PR]
by masashi-ishibashi | 2008-04-14 18:26
<< 負けるわけにゃいきまっせんばい! 6 負けるわけにゃいきまっせんばい... >>



俳優石橋雅史ぶらぶら日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧