石橋雅史の万歩計

人間ドック

 今日、人間ドックに行ってきました。いわゆる総合健康診査というやつです。去年はつい私の時間と検査日がうまく合わなくって、簡単な血液検査だけで済ませてしまった。もっとも半日で済むスクリーニングなのだが、私の町は費用を市が半額助成してくれるとあって、受診希望者が多く申し込み順番なので、私のように複数の予定が立てにくい仕事をしている人間はどうもやりにくい。しかし、よほどでない限り代わりの利かない私どもは、なんと言っても自己管理が第一なのである。でも嫌ですね検査というのは、私なんざ気が小さいですから、受診するだけで不安感と恐怖に襲われて、血圧や心拍数はいつペンに跳ね上がります。かえって病気になっちゃいますよ。あれは拷問ですね。血液を大量に抜き取られ……いやいや採血されたり。眼底カメラなんて撮影する瞬間パッと光を当てられて、目が見えなくなったり。心電図なんか沢山の線で手足とか胸とか繋がれて身動きもできず。胃部X線検査なんていうのは発泡剤を飲まされ、ゲップが出ないように我慢しろなんて脅しをかけられ、左右にゴロゴロ転がされてまるで芋虫みたい。挙句の果ては逆さまにされて。何ですかあれは。この検査で飲むバリウムがまた最悪、下剤を飲んで水をガブガブ。あれがお腹の中で固まった日には死ぬ思いですからね。でも健康は自分のためにも、周りのためにも大切なことなんです。
[PR]
by masashi-ishibashi | 2007-06-22 23:46
<< 観劇 ワイン >>



俳優石橋雅史ぶらぶら日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧