石橋雅史の万歩計

土筆

昨日の風雨はどこへやら、これが三月、四月の気候なんですかね。今日も少しは風がありますが暖かいので多摩川の土手を一時間ほどウォーキングしてきました。緑が濃くなってきましたね。背丈もどんどん伸びてきてます。どこかのご老人がお孫さんらしきお子さんと土手の斜面にしゃがみ込んで何やらやっておられるので何ですかとお聞きしたら、「土筆ですよ」とおっしゃる。よく見ると他の雑草に交じって沢山の土筆が背伸びしている。気が付かなかった。今年は少し早いですねと言っておられたが、お孫さんとなにか楽しそう。土筆は食用にもなりますが、あれはスギナの胞子茎だそうですね。やっぱりなんとなくのどかな春です。
そう言えば今日は息子の芝居の初日です。アーノルド・ウエスカー作、木村光一訳、鵜山 仁演出。「根っこ」4月4日から28日まで赤坂RED/THEATER。

   

   杉菜の子土筆よ春日だ勢揃い

                  雅史



   うちの奥方 題詠「手」


   手に余る息子翔べよと願いつつやっぱり淋しい送り出すとき

                                     曙美

   真夜中に父の影見て手を触るるその温かきもの現でありしか

                                      曙美

   
   
[PR]
by masashi-ishibashi | 2013-04-04 17:55
<< 空梅雨 桜 >>



俳優石橋雅史ぶらぶら日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧