石橋雅史の万歩計

時間

多摩川がすぐ近くを流れているせいか、夕暮れになると川面を渡った風が少しは涼風を感じさせるような気もしますが、まだまだ昼間の暑さは尋常じゃありませんね。
今朝、新聞を取りに行こうとドアを開けたら、玄関先のポーチにアブラゼミが一匹這っているので、そっと指で触ったのですがほとんど反応を示さない。最近は二階のベランダにも時々転がっており、ツクツクボウシの鳴き声も聞かれる今日この頃ですから、そろそろまた一夏が終わるのかなあなんて変な感慨もありますが─。
しかしひとつのサイクルが常にぐるぐる回っていて、時間というのは妙というか面白いものですね。その昔、人生50年といわれた時代から、先進医療の発達などで、今や男女共に人生80年です。勿論、これは平均年齢ですから、これよりも長く生きる人もいれば、短い人もいるわけです。ともあれ蝉の寿命の話から、生きものの持ち時間の話になってしまいましたが、虫の中で羽化して持ち時間が一番短いのはカゲロウだそうですね。数時間ほどで死んでしまう種がほとんどだそです。先ほど書いたアブラゼミなどは虫取り網で追いかけまわした、子供のころの郷愁がありますが、このアブラゼミは枯れ枝に約2ミリほどのミルク色をした卵を産み付けるんだそうです。この卵は翌年の6月中旬ごろになると白い幼虫が生まれ、すぐに地面に落ちて土の隙間から地中に潜りやわらかい木の根にたどり着くと樹液を吸って成長し、6年ほど暗黒の世界で暮らし、その間に4回脱皮してその年の夏を感知して地上に這いだし木などに登り羽化するんだそうですね。成虫の生きる期間はほぼ一週間ぐらいだそうです。そして彼、彼女たちは子孫を残すための生殖行為を勤め上げるとこの世にお別れしていくわけです。宇宙単位でいえば一瞬の生です。これこそ「永遠に勝る一瞬」とでもいうのかな─。
現世の三欲。金銭欲、色欲、名誉欲、私のような煩悩だらけの俗人はシャッポ脱いで敬服すべきです。なんたって煩悩は108以上ですからね。情けない。と言ったわけで今日は書いてるうちに妙なところにたどり着いちゃいました。また、何か書きましょう。



      処暑すぎて蝉声かしまし残暑かな

                        雅史


     うちの奥方
           題詠「布」


       夏を待ち若き日染めしのれん下げ風に揺るるを歳経て見入る

                                        曙美


       シェリングの弦を愛した彼しのび絹織るような音色に聴き入る

                                        曙美
[PR]
by masashi-ishibashi | 2012-08-27 18:01
<< 仲間 空手の型演武 >>



俳優石橋雅史ぶらぶら日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧