石橋雅史の万歩計

猛暑日

今日は土曜日。恒例の空手稽古日です。8月は毎年、みんなの体調を考えて冷房の効く部屋を借りて稽古をすることにしてるんですが、足を一歩踏み入れて吃驚。まるでサウナに飛び込んだみたい。いっぺんに汗が吹き出してこれはいったい何だってなもんです。先着の人が窓を全部明け放し空気を入れ替えてくれているんですが、部屋が広いうえにこの巨大な体育館という建造物、一晩中冷房を切ってあるので完全に暖まり切ってしまって、ちょっとやそっとのことじゃ快適な環境にはならないというわけです。これも今日この頃の節電問題を考えれば、あまりあまったれたことは言っていられないか。辛抱。辛抱。ぼやいているのは大人ばかり、特に筆頭は意気地のない私!元気なのは次代を担う子供たち。きゃっきゃ、きゃっきゃとモップがけに大はしゃぎ。私は明日も本部道場で師範会の稽古があるんです。もうそろそろ後がないけど、まだまだ子共達や若者には負けないぞって言いながら本当のところ時々足がヨレテいます。頑張らなくっちゃ!
ちなみに、稽古が終わってみんなが帰るころになってやっと冷房が効いてきました。

              
        猛暑日や打ち水恋し通り雨


                        雅史
[PR]
by masashi-ishibashi | 2012-08-04 17:59
<< 年寄りの冷や水 思い出の劇場 >>



俳優石橋雅史ぶらぶら日記
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧