石橋雅史の万歩計

思い出の劇場

昨日(7月24日)、六本木の俳優座劇場に息子が出演しているので芝居を観に行ってきました。
ここは私にとって大変懐かしい思い出の劇場なんです。1957年10月、劇団文化座第20回本公演「その人を知らず」作 三好十郎、演出 佐々木隆。この時私はまだ劇団の研究所に入ったばかりで、付けてもらった役は「スキャップ!(スト破り)」と一声叫ぶ組合員の役でした。プロの劇団に入って初めて発したセリフです。24才のときです。あれから山を越え谷を越え色々な辛酸をなめていまの私がここにいるのですが、早いですね。あれから55年です。この劇場は途中で改築はされましたが今も健在です。客席に座ると色々な思い出が彷彿と浮かんできます。今は自分の息子が結構な看板で、その同じ舞台に立っている。何か不思議な気がします。私の過ぎた日は帰ってきませんが、これからはこの子らの時代なんだなあと。私ももうちょっとだけは頑張るつもりでいますけどね。息子の芝居「日本の面影」作 山田太一 演出 鵜山 仁。出演 草刈正雄、紺野美沙子、長谷川稀世、金内喜久夫、瀬川菊之丞、磯部勉、大西多摩恵、石橋徹郎。今日(7月25日)が東京の千秋楽で金沢の方へ一日だけ行くようです。

今日は天気が良かったので、自家製の梅をざるに広げて干しました。おいしい梅干しが出来上がるといいんだけど。乞うご期待!



          手塩かけ梅酢にむせて土用干し

                             雅史


さて、今日からうちの愚妻も相乗りで短歌を投稿するそうですから、読んでみてください。
選者は僕です!

       題詠 「味」

          酒を飲み女を好いて年を経た味な男の憎めぬ一生

                                        曙美

          分別もなき子ら残して父は逝き母の諸手の滋味に囲わる

                                        曙美
[PR]
by masashi-ishibashi | 2012-07-25 17:25
<< 猛暑日 大暑 >>



俳優石橋雅史ぶらぶら日記
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧