石橋雅史の万歩計

雑草のように逞しく

 今日、午前中はみんなと空手の稽古。稽古と言っても最近は体力の方が大分下降線を辿ってきまして、口ばかりが達者。踏みつけられても踏みつけられても雑草のように頭を持ち上げて向かっていった若かりし頃が懐かしい。残念なことだが時の流れを逆行させるわけにはいかないしね。永遠に優る一瞬を求めて命ある限りもう少し頑張るか。近くにある公園や土手を歩いていると、あちこちに「芝生養生につき立ち入り禁止」とロープを張った区画があります。工事をしたあとの欠損した芝生を補植しているのですが、肝心な芝生は何処へやら、雑草ばかりがはびこって雑草を養生しているみたい。芝生は美しいですがこまめに手入れをしてやらないと、あっという間に陣地を取られてしまいます。それくらい弱いのです。こまめにお化粧して美しいのもいいが、自然界で逞しく生きる気迫も持たないとね。それも生物の飾らない野趣に満ちた美しさでしょう。


   芝養生雑草ばかりが元気なり


 生きているかぎり、お互いに泣き言を言わず辛抱して頑張りましょう。 心優しく辛抱強く人間味溢れる人生を!
[PR]
by masashi-ishibashi | 2009-06-13 17:09
<< 梅雨 睦みあい >>



俳優石橋雅史ぶらぶら日記
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧