石橋雅史の万歩計

ハナミズキ

 今日は久し振りの雨ですね。この前降ったのが四月一日だったからちょうど二週間ぶりか。昼過ぎごろから降るなんていうものだから、午前中にウォーキングをと思い歩いていましたら、十一時過ぎには早くも洗礼を受けてびしょ濡れ。バーカみたい。自然は気まぐれ。甘く見ちゃいけません。
 自宅に帰ってシャワーを浴び、窓の外を見ると枝振りのいいハナミズキがピンク色の花をいっぱいにつけて雨にそぼ濡れていました。なかなかの風情です。そういえば、あの私たちが花だと思っている四枚の花弁状のものは、実は苞葉と言うんだそうですね。本当の花はその中心部に少し黄色を帯びた小さな四弁花を蜜につけるんだそうです。北米原産で大正初年に渡来したのだそうですが、苞葉は白、淡紅、紅色などがあって、十月ごろに赤熟した実をつけ、花、実、紅葉とどれも美しくて、街路樹や庭木として植栽されているようですよ。


   ハナミズキ小雨にそぼ濡れ可憐なる
[PR]
by masashi-ishibashi | 2009-04-14 16:07
<< 緑風 多摩の四季 >>



俳優石橋雅史ぶらぶら日記
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧