石橋雅史の万歩計

鏡開き

 昨日、一月十二日は全日本空手道剛柔会師範会の鏡開きでした。あのドーンという大太鼓の音から始まる鏡開きは毎年のことながら、やはり身が引き締まりますね。神主さんによる神事が終わり、全員で修養訓五箇条を唱和し、最高師範挨拶、その後、範士、教士、錬士による型奉納。そして屠蘇を酌み交わし、記念撮影(この写真は二月頃までには全日本空手道剛柔会のホームページに掲載される筈です)。鏡開きが終わると、席を替えて新年会。昭和二十年代からの修行仲間もみんな年を取りました、だんだんと欠けてきて、私なんか現役の最長老ですよ。もう若い人たちの時代です。でも私は負けませんよ。俳優としても空手家としても!
 ずいぶん前に作った句ですが、自分の気力を喚起させるために座右の銘のひとつとしてとして作った句があります。あちこちで乱発するので新鮮味がありませんが、今年ももう一丁、褌を締めなおすつもりで書いておきます。

  〝木枯しに枯れ葉一枚しがみつき〟

 世界的に大変な世の中になりましたがお互いに頑張って、精一杯生きていきましょうね!
[PR]
by masashi-ishibashi | 2009-01-13 17:37
<< 木枯し 句作 >>



俳優石橋雅史ぶらぶら日記
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧